自律神経失調症と向き合う|頭の天辺からつま先まで健康になろう

自律神経失調症の治療

頭を触る女性

人間の体には様々な細胞や神経が存在しています。人によっては細胞に異常が発生し、がんを引き起こす人もいます。がんの種類は様々で、代表的なものには大腸がんや胃がんや肺がん、食道がんなどがあります。それらの症状を効率良く改善する治療方法としては、3大がん治療の他にも免疫細胞治療や緩和ケアなどの方法があります。これらの治療を行なう際に注意しないといけないのが自律神経です。人の体には頭から足の先にまで神経が通っています。これらの神経は非常に敏感で、外気の気温や精神的ストレスなどの影響を色濃く受けます。重篤な病気を患っている人の精神状態は、自律神経にも大きな影響を与えてしまうことが予想できます。長時間のストレスが蓄積されてしまうと、自律神経失調症などの病気を起こす可能性があるため注意しましょう。

神経には交感神経と副交感神経があります。これらの神経は内臓や血管、ホルモンの分泌などに大きな影響を与えます。そしてストレス過多な状態が慢性的に続くと、交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまい、自律神経失調症となるのです。自律神経失調症が引き起こす症状としては頭痛や目眩、不眠、倦怠感、食欲不振、腰痛、手足の麻痺、むくみ、不整脈など実に様々です。このことからも自律神経が身体の全ての器官に影響を及ぼしていることが分かります。自律神経失調症の治療方法としては薬物療法の他にも、一般心理療法、自立訓練法、バイオフィードバック療法などがあります。かかりつけの医師に相談し、患者さん自身に最も効率的な治療方法を選択していきましょう。

胃がんは早期発見が鍵

看護師と患者

胃がん患者は国内でも非常に多いです。胃がんの症状は比較的自覚しづらいため、発見された時には症状が悪化しているということも多いのです。早期発見するためにも、定期的に検診を受けましょう。

Read More...

血中の酸素濃度を健康に

病院

城東区の内科クリニックでは、呼吸器疾患や慢性呼吸不全の治療を受けることが出来ます。慢性呼吸不全には主に3つの治療方法があります。しっかりと確認しておきましょう。

Read More...

免疫細胞治療の仕組み

横になる女性患者

人間の体の中には様々な細胞が存在しています。免疫細胞治療では、身体の中の免疫システムを強化することが出来ます。そのため異常細胞やがん細胞が発生した場合でも対処出来るのです。

Read More...